【ひとり暮らしのシンプル家事】の紹介

『ひとり暮らしのシンプル家事』 阿部 絢子 (著)では、家事をただの義務ではなく、自分の生活をより快適にするための手段として捉えることを提案する。

多くの人が感じるであろう「やらなければならないけれど面倒」という家事のストレスを減らし、もっとラクに、そして楽しく家事をこなす方法に焦点を当てている。

家事をラクにするための心構え

家事は「やらなきゃいけない仕事」ではなく、「自分のための活動」である。面倒だと感じる前に、自分がより快適に暮らすためにどうするかを考える。

必ずしも全てを完璧にこなす必要はない。重要なのは、「自分にとって一番ラクな方法」を見つけ出すことである。

シンプル家事のポイント

新しい発想でシステムを作る: 自分の生活スタイルに合わせて、家事を効率的に行うための「しくみ」を作る。

習慣化: 家事を日常の習慣の一つにすることで、無意識のうちに片付けられるようになる。

本書で紹介されるコツ

1.シンプルなしくみでストレスを減らす: 自分にとって一番簡単で効率的な方法を見つけ出す。

2.小分けピカピカ掃除: 小さな掃除から始めて、気軽に続けられるようにする。

3.週末の水回り掃除をなくす: 休日を掃除で潰さないための工夫をする。

4.動きやすい台所を作る: ひとりご飯の時間をもっと楽しく、贅沢なものにする。

5.ムダを出さない台所: 必要なものだけを使い、無駄遣いを減らす。

6.クリーニングに出さない洗濯: カシミアセーターやおしゃれ着も家で洗えるようにする。

ひとり暮らしのシンプル家事

この本は、家事が苦手だったり、忙しくて時間がない人、家事をもっと効率的にこなしたい人にピッタリである。

シンプルな「しくみ」を作ることで、家事の時間や手間を減らし、もっと自分の時間を楽しむことができるようになる。

タイトルとURLをコピーしました