「したがいまして」意味とビジネス例文&言い換え。メール例と敬語の利用法

「したがいまして」は、前の話の結果や理由をまとめて、次の話題に繋げるときに使います。丁寧な言葉なので、ビジネスシーンでよく使われます。

「したがいまして」ビジネスにおける意味

ビジネスシーンでは、「したがいまして」を使うことで、話の流れをスムーズにし、相手に分かりやすく伝えることができます。以下に、「したがいまして」を使うときのポイントをまとめます。

  • 前の話の内容をしっかりと受け止め、その結果を伝えるときに使います。
  • 相手に対する丁寧さを示すため、フォーマルな場面で使います。
  • 話の流れをスムーズにし、次の話題に自然に移ることができます。

ビジネスで使える例文

「したがいまして」を使う例文をいくつか紹介します。これらの例文を参考にして、ビジネスシーンで適切に使ってください。

会議の結果、プロジェクトを延期することになりました。したがいまして、新しいスケジュールを立て直す必要があります。
売上が予想を上回りました。したがいまして、追加の在庫が必要となります。
顧客からのクレームが増加しています。したがいまして、対応策を考える必要があります。
新しいシステムの導入が決定しました。したがいまして、全員がトレーニングを受けることが求められます。
予算の見直しが行われました。したがいまして、各部門で経費削減を検討してください。
お客様のニーズが変わりました。したがいまして、新しい商品ラインを考案する必要があります。
市場調査の結果、需要が高まっています。したがいまして、生産を増やすことが望まれます。
今後の展望について議論しました。したがいまして、戦略を再検討します。
プロジェクトの進捗が順調です。したがいまして、次のステップに進みます。

これらの例文は、前の話の結果や理由を自然に次の話題に繋げるために使います。ビジネスシーンでのコミュニケーションを円滑にするために活用してください。

言い換え&類語

「したがいまして」を言い換えるときは、同じ意味を持つ別の言葉を使うことで、文章のバリエーションを増やすことができます。以下に、言い換えの例を10個紹介します。

「そのため」
原因や理由を述べた後に、その結果を示すときに使います。
「よって」
論理的な結論を導くときに使います。
「だから」
カジュアルな場面でも使いやすい表現です。
「従って」
「したがいまして」と同じ意味で、フォーマルな文書にも適しています。
「それゆえ」
理由や原因を強調して、その結果を述べるときに使います。
「そういうわけで」
理由を述べた後に、その結果としての行動や決定を示すときに使います。
「結果として」
原因や経過を説明した後に、その結果を述べるときに使います。
「というわけで」
カジュアルな場面で使える表現です。
「したがって」
「したがいまして」の別の書き方で、同じ意味を持ちます。
「それに伴い」
原因や変化に伴って起こる結果を述べるときに使います。

言い換えをするときのコツは、使う場面や相手に合わせて適切な表現を選ぶことです。また、文章の流れや文脈に合わせて、自然な言い換えを心がけると良いでしょう。

ビジネスでのメール例

掲題:新システム導入のお知らせ
株式会社グリーンテック
鈴木様

お世話になっております。株式会社レッドテックの田中です。

新システムの導入が決定しました。したがいまして、7月15日から新しい運用を開始いたします。

システム変更に伴い、一時的にサービスの提供が停止されます。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

詳細については、追ってご連絡いたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

田中一郎
株式会社レッドテック

メールを書く際のポイントは、まず相手に対する丁寧な挨拶から始めることです。続いて、メールの主題を明確に伝え、詳細な情報を提供します。最後に、相手への感謝と協力をお願いする一言を添えると、丁寧で効果的なメールになります。

「したがいまして」敬語の利用法

「したがいまして」は、ビジネスシーンで頻繁に使用される敬語表現です。この言葉を分解して、それぞれの部分がどのような敬語表現で構成されているかを説明します。

  • 「したがう」:動詞で、意味は「従う」。ここでは、動詞の連用形「したがい」を使用しています。
  • 「まして」:丁寧な接続詞で、前の内容を受けて結果や理由を示します。

「したがいまして」をビジネス使う効果的な場面

「したがいまして」は、前の話の結果や理由を述べた後に使うことで、次の話題に自然に繋げる効果があります。以下に、ビジネスシーンでの効果的な使用例を紹介します。

  • 会議での発表や説明の際に、話の流れをスムーズにする場合
  • メールや文書での報告書において、結論や次のアクションを示す場合
  • 顧客への提案や説明で、論理的な流れを持たせたい場合
  • 上司への報告で、状況を整理し、理解しやすくする場合
  • 取引先との交渉で、条件や結果を明確に伝える場合
  • 社内のミーティングで、議題を進める際に次のステップを示す場合

「したがいまして」間違った使用法

「したがいまして」を正しく使うことは重要ですが、間違った使い方も多く見られます。以下に、間違った使用例とその解説を紹介します。

  • 「私は昨日映画を見ました。したがいまして、今日は天気が良いです。」:映画を見たことと天気が良いことには因果関係がないため、意味が通じません。
  • 「今日は友達と遊びました。したがいまして、楽しかったです。」:カジュアルな会話で使うと不自然です。
  • 「このプロジェクトは非常に重要であり、様々な要素が絡み合っています。したがいまして、成功するためには全員が協力する必要があります。」:文章が複雑すぎて「したがいまして」が効果的に機能していません。
  • 「私たちはこの製品を改良しました。したがいまして、さらに良くなるかもしれません。」:結論が明確でないため、混乱を招きます。
  • 「新しいシステムを導入しました。したがいまして、業務が効率化されます。したがいまして、スタッフの負担が軽減されます。」:同じ接続詞を繰り返すことで、文章が冗長になります。
  • 「会議に出席しました。したがいまして、報告書を書きました。」:結果や結論を強調しておらず、違和感があります。

まとめ

「したがいまして」は、ビジネスシーンで論理的に話を進めるために非常に有用な表現です。前の話の結果や理由を受けて、次の話題に繋げることで、相手に対する丁寧さと論理性を示すことができます。

適切に使うことで、会議やメール、報告書などで効果的にコミュニケーションを取ることができます。使用する際は、前の文と次の文が論理的に繋がっていることを確認し、文脈に合った使い方を心がけることが大切です。

ビジネスコミュニケーションを円滑にするために、「したがいまして」を正しく使いこなしてください。

タイトルとURLをコピーしました