「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」意味とビジネス例文&メール例。言い換え集と敬語用法

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」は、今後も変わらずにご協力やお世話をお願いする際に使われる表現です。ビジネスでは、これからも良好な関係を続けたいという意思を伝えるために使います。

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」ビジネスにおける意味

  • 継続的な協力をお願いする:プロジェクトや業務が続く中で、今後もサポートを求める際に使います。
  • 良好な関係を維持する:取引先や顧客との関係を引き続き良好に保ちたいときに使います。
  • 感謝の気持ちを示す:これまでの協力に対する感謝とともに、今後もお願いする意味を含めています。

ビジネスで使える例文

このフレーズを使う際のポイントは、これまでの協力に対する感謝を示しながら、今後も変わらない支援や協力をお願いすることです。以下に、ビジネスシーンで使える例文を紹介します。

新しいプロジェクトに向けて、引き続きどうぞよろしくお願いいたします
この度はご協力いただきありがとうございました。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
来月から新しいシステムを導入します。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
これからも一緒に頑張っていきましょう。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
いつもお世話になっております。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
次のステップに進むために、引き続きどうぞよろしくお願いいたします
長年のご協力に感謝いたします。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
新しいチャレンジに向けて一緒に頑張りましょう。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
次回のミーティングも、引き続きどうぞよろしくお願いいたします
新しい挑戦に向けて、引き続きどうぞよろしくお願いいたします
新しい年度も一緒に頑張りましょう。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
ご指導ご鞭撻のほど、引き続きどうぞよろしくお願いいたします
長年にわたりお世話になっております。引き続きどうぞよろしくお願いいたします
新しい年度も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします

このフレーズは、感謝とともに継続的な協力をお願いする際に使います。さまざまなビジネスシーンで活用でき、相手との関係を良好に保つ効果があります。

ビジネスでのメール例

掲題:プロジェクトの進捗について
ABC株式会社
山田様

平素よりお世話になっております。

現在進行中のプロジェクトについて、最新の進捗状況をご報告いたします。

順調に進んでおり、予定通りに進捗しております。

今後とも、引き続きどうぞよろしくお願いいたします

株式会社XYZ
営業部 佐藤太郎

メールを書く際のポイントは、相手に対する感謝の意を伝えながら、具体的な情報を簡潔に記載することです。メールの最後には、今後の協力をお願いするフレーズを入れることで、相手との関係をさらに強化することができます。

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」をビジネス使う効果的な場面

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」は、相手との継続的な関係をお願いする際に使います。ビジネスでは、今後も変わらぬ協力を求めるときに便利です。

  • プロジェクトの進行中に、今後の協力をお願いするとき
  • 取引先との関係を継続したいとき
  • 業務の引き継ぎやサポートを依頼する際に
  • 顧客との契約更新時に
  • 新しい提案や企画を進める際に協力を求めるとき
  • 定期的な報告や連絡をお願いするとき

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」目上の人に使う敬語

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」の敬語表現を分解し、それぞれの文法を説明します。

  • 引き続き:継続を意味し、丁寧語として使います。
  • どうぞ:相手に対する敬意を表す丁寧な言い回しです。
  • よろしく:相手に対する依頼やお願いを意味します。
  • お願いいたします:謙譲語で、相手に対する依頼を丁寧に表現しています。

目上の人に使う際には、相手に対する敬意を忘れず、丁寧に表現することが大切です。過度なへりくだりや不自然な表現を避け、自然な敬語を使いましょう。

言い換え&類語

「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」
「引き続き」を「今後とも」に変えて、これからもよろしくお願いする意味を強調しています。
「変わらぬご支援をお願いいたします」
「引き続き」を「変わらぬ」に言い換えて、支援を依頼する表現です。
「今後もお力添えをお願いいたします」
「引き続き」を「今後も」に変えて、支援をお願いする表現です。
「引き続きのご指導をお願いいたします」
「どうぞ」を省略し、具体的に指導をお願いしています。
「今後ともご協力をお願いいたします」
「引き続き」を「今後とも」に変えて、協力をお願いする表現です。
「引き続きご愛顧をお願いいたします」
「どうぞ」を省略し、愛顧をお願いする表現です。
「今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします」
「引き続き」を「今後とも」に変えて、支援をお願いしています。
「引き続きご高配を賜りますようお願いいたします」
「どうぞ」を省略し、高配をお願いする表現です。
「変わらぬお引き立てをお願いいたします」
「引き続き」を「変わらぬ」に変えて、引き立てをお願いしています。
「これからもよろしくお願いいたします」
「引き続き」を「これからも」に変えて、同様の意味を示しています。
「引き続きお力添えいただければ幸いです」
「どうぞ」を省略し、力添えをお願いする表現です。

言い換えをするときのコツは、相手に伝えたい内容を具体的にし、敬意を保ちながら表現を変えることです。これにより、同じ意味を持ちながらも新鮮な表現となり、相手に対する思いやりを示すことができます。

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」間違った使用法

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」を間違って使うと、誤解を招くことがあります。以下に、間違った使用例を示します。

  • 「引き続きよろしくお願いします」:「どうぞ」が抜けており、丁寧さに欠けます。
  • 「引き続きよろしくね」:ビジネスシーンではカジュアルすぎて適切ではありません。
  • 「引き続きお願い」:丁寧さに欠け、敬意が不足しています。
  • 「今後もよろしく頼む」:上から目線のような印象を与えてしまいます。
  • 「今後ともよろしくです」:「お願いいたします」が抜けており、丁寧さが欠けています。
  • 「次もよろしくお願いします」:継続的な協力をお願いする意味が薄れています。

まとめ

「引き続きどうぞよろしくお願いいたします」は、ビジネスシーンで非常に重要なフレーズです。相手との継続的な関係をお願いする際に、感謝の意を込めて使うことで、より良い関係を築くことができます。

このフレーズを使うことで、相手に対する敬意を示し、ビジネス関係を強化することができます。さまざまな場面で使い分けることで、より効果的にコミュニケーションを図ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました