【日本のパワースポットを往く―真説・歴史紀行】の紹介

本書は、霊魂の存在とその永遠性を探求し、日本の豊かな歴史と伝説の中に隠された神話を紐解く作品です。

本のパワースポットを往く―真説・歴史紀行

プロローグ「霊魂は確実に存在する」では、読者に霊魂の実在を確信させるための強力な主張から物語が始まります。

第1章「『鬼滅の刃』ブームの深奥」では、現代のポップカルチャーに潜む古代の伝承と神話の重要性を掘り下げ。

第2章「霊的体験、烈士たちの不滅の魂」では、歴史を彩る烈士たちの不朽の霊魂に焦点を当てる。

第3章「維新前夜、志士が燃やした心魂の在処」では、変革の時代に生きた人々の精神を探求。

第4章「西南戦争、西郷隆盛の思想を追って」では、西郷隆盛の不滅の精神とその遺産を追う。

第5章「謎多き武将、明智光秀の夢の跡をたどる」では、明智光秀の人生とその神秘を解明。

第6章「飛鳥から南北朝まで、七〇〇年の霊域を歩く」では、日本の長い歴史の中で霊魂がどのように語られてきたかを探る。

第7章「ヤマトタケル伝説の痕跡」では、英雄ヤマトタケルの伝説とその霊的意義を考察。

第8章「天照大神と神武天皇の霊力」では、日本神話の中心的な神々の霊力に迫る。

第9章「縄文の神秘と日本人のルーツ」では、縄文時代の神秘と日本民族の起源について探求。

エピローグ「靖国神社に祀られる英霊たち」では、日本の英霊に対する敬意と記憶を称える。

著者:宮崎正弘
石川県金沢市生まれの評論家で、早稲田大学英文科中退後、『日本学生新聞』編集長、貿易会社経営を経て著名な論壇に登場しました。彼の豊富な知識と独自の視点で、読者は日本の歴史と霊魂に対する深い理解を得ることができます。

タイトルとURLをコピーしました