【何もなくて豊かな南の島】の紹介

カオハガン島は、地球上で最も生物多様性に富んだ熱帯珊瑚礁の海に浮かぶ、小さな島です。見た目には何もないように思えるかもしれませんが、実はこの島が提供するすべてが、生きていく上で不可欠なものばかりです。生命の奇跡を目の当たりにし、自然と共生することの大切さを学ぶ、そんな経験がここにはあります。

何もなくて豊かな南の島

この書籍では、カオハガン島の自然の美しさ、そしてそこでの生活について深く掘り下げています。海洋の壮大な造形美、色鮮やかな珊瑚礁、神秘的な環礁、そして島そのものが織りなす物語。島に息づく大宇宙とのつながり、風を感じながら暮らす人々の日常。子どもたちの純粋な笑顔や、自然のリズムに合わせた穏やかな生活。これらすべてが、読者を真の自己回帰へと誘います。

崎山克彦氏のプロフィール
長年のサラリーマン生活を経て、この小さな島と運命的な出会いを果たしました。カオハガン島を購入し、都会の喧騒を離れて島に移住することで、新たな人生をスタートさせます。島民と共に宿泊施設を運営し、訪れる人々に島の魅力を伝え続ける生活。それは、自然との共存、コミュニティとの協働を通じて、未来への夢を紡ぐ旅でもあります。

タイトルとURLをコピーしました