【直観力 私が囲碁から学んだ生きるということ】の紹介

囲碁が教えてくれるのは、決断力、平常心、向上心、礼儀など、人間の基本です。本書は二部構成で、第一部では囲碁と日本の関係、囲碁がいかに人生を豊かにするか、そして囲碁を通じて発見した日本の魅力を探ります。第二部は、囲碁との出会いや、その出会いが著者の人生にどのように影響を与えたかを述べています。内弟子時代の経験、インターネットの影響、成長と貢献についても触れています。

【直観力 私が囲碁から学んだ生きるということ】

直観力 私が囲碁から学んだ生きるということ

著者:マイケル レドモンド / Michael Redmond
日本棋院で九段の称号を持つ、1963年生まれの米国カリフォルニア州サンタバーバラ出身の棋士です。大枝雄介九段に師事し、1981年にプロ入りしました。1992年には新人王戦で準優勝し、2000年にはテレビ囲碁番組で制作者会賞を受賞しました。また、2000年と2008年にはNHK囲碁講座で講師を務めています。

タイトルとURLをコピーしました