今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム


常に革新を生み続ける三越伊勢丹の秘密
著 者
大西 洋
定 価
  本体1400円+税
発 行
  2016.4
ISBN
  978-4-7593-1487-8
常に革新を生み続ける三越伊勢丹の秘密
いつも驚きがある百貨店の秘密解禁!

著者である大西社長のビジネス論を中心に、三越伊勢丹の躍進の秘密が明かします。

伝統を大切にする一方、既存にとらわれない斬新な発想を次々に実行。
お客様を魅了する秘密がまさにそこにあります。

顧客志向がこれまでよりも求められる昨今に必読の一冊です。


第1章 【現場力】どうして「常に革新を生み続ける」ことができるのか?

第2章 【接客力】お客さまの満足感を生む「最強の接客力」

第3章 【考え方】まさかの感動を生む「センスの秘密」

第4章 【リーダー】また来たくなる空間をつくる「リーダーの技」

第5章 【社長力】現場で学んだ「最高の会社をつくるために大切なこと」

第6章 【人生】「接客を一生の仕事」に決めたきっかけ


私は何か特別な凄いことをしているわけではありません。
人々があっと驚くような、カリスマ的なメッセージを発信したわけでもありません。

ただひたすらに、愚直なまでに、「現場」と「人」の重要性を考えているだけであり、
その結果、現場とそこを支える社員たちが成果を出してくれているだけなのです。
(はじめにより)

・元旦と1月2日は、百貨店の営業をお休みにする
・横幅120センチのハンガーラックには、シャツやニットは18枚掛けにする
・社長が若手社員のLINEの中に仲間の1人として参加する

三越伊勢丹の仕事の技やアイデアは、顧客志向への徹底的なこだわりから生れたものばかり。

このこだわりは、百貨店だけではなくすべての会社に必要なのではないでしょうか?

革新を生み続ける現場力、最高の接客力、感動を生むセンスの秘密……

すべてのビジネスパーソンにおすすめの一冊です。


大西 洋(おおにし ひろし)

(株)三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長執行役員。(株)三越伊勢丹代表取締役社長執行役員。
1955年東京都生まれ。79年、慶應義塾大学商学部を卒業後、伊勢丹に入社。
紳士服の販売員からキャリアをスタートし、プロジェクト開発・店舗開発担当となり、この間、海外勤務 (マレーシア)も経験。
2003年には、新宿本店のメンズ館リモデル・オープンを成功させる。その後、執行役員などを経て、09年4月、伊勢丹常務執行役員と三越取締役常務執行役員を兼任。同年6月、社長就任。12年2月より、現職。
著書に、三越伊勢丹 ブランド力の神髄 (PHP新書) がある。





ホームへ