今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

人生起き上がりこぼし
人生起き上がりこぼし


海老名 香葉子(えびな かよこ)

本体1400円+税

2020.11

978-4-7593-1736-7



著者は、これまでの自分の人生を『起き上がりこぼし』と思って生きてきました。10月6日で87歳になった今もなお、林家一門の現役の総帥として活躍しています。
その人生は、いつも幸せだったわけではありません。和竿づくりの「竿忠」の名人だった父をはじめ、家族のほとんどを東京大空襲で失い、孤児になった過去があります。親戚を頼っていろいろな場所で疎開生活を送った、まさにどん底の生活を送ることになってしまったのです。
ところが、父の和竿を愛していた噺家の三代目金馬師匠に拾われて、噺家のおかみさんになることになります。その相手が、のちに時代の寵児になる初代林家三平でした。姑から、噺家のおかみさんの立場や振る舞いを学びながら、四人の子供を育てあげました。
長男の9代目林家正蔵は落語協会の副会長になり、次男の2代目林家三平は「笑点」のレギュラーとして人気者になっています。
海老名香葉子さんは、今でも「今日を、楽しく生きたい」「折角の人生、“がんばってよかった”で終わらせたい」と、山あり谷ありの人生を、より楽しく生きようとしています。
御年87歳。全編書き下ろしの1冊です。


ホームへ