今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

真冬の向日葵
真冬の向日葵

新米記者が見つめたメディアと人間の罪

三橋貴明(みつはし たかあき)
さかき漣(さかき れん)
本体1500円+税
2012.9

978-4-7593-1262-1



2008年。主人公の一之宮雪乃は、自民党総裁選を控えた朝生一郎候補が、街頭演説で2万人もの聴衆を集め、歓声を浴びている光景を目にする。しか し、この白熱の演説会がマスコミで一切報じられないことに疑問を抱く。新聞社でインターンシップとして働くことになった雪乃が、報道の現場で目にしたのは、執拗な自民党 のアンチキャンペーンや人格攻撃、問題の全体像を隠す矮小化報道など、あらゆる情報操作だった。狂った報道により、世界が歪み、過剰に反応する世論に、雪乃は愕然とする。
メディアとは、報道とは、“情報”とは、何なのか?
偏執的な報道を繰り返すメディアの実態と、情報を鵜呑みにし、無責任な判断をくだす人間の姿を冷静かつ客観的視点で見つめた本格小説。



ホームへ